特定健康診査について:医療機関の皆様へ
NPO法人 健康情報処理センターあいちについて特定健康診査についてメンタルヘルス対策インフルエンザワクチン予防接種事業

特定健康診査と特定保健指導を実施するには

  • 各保険者との事前契約が必要
     ・各保険者と実施機関が個別契約
     ・各保険者と実施機関代表者が集合契約
  • 保険者はITによる電子データ報告が必要
  • 特定保健指導は成果が求められる

NPO法人健康情報処理センターあいちが煩雑な契約・報告義務を代行します

上記のように特定健康診査・特定保健指導実施保険者には様々な作業負担が予想されます。
そこで当法人では、保健者との集合契約や特定健康診査・特定保健指導結果の報告等、会員に対して様々なサービスを提供します。

医療機関での特定健康診査業務について

受診当日の実務
医療機関へは当法人から質問票(OCR用紙)を事前に配布いたします

  • 医療機関では受診券と健康保険証の2点を確認して受診対象者であることをご確認ください。
  • 医師は質問票にヌケが無いことを確認して
    /濃 ⊃板后体重、腹囲測定、尿検査等を測定してください
    血圧を2回測定してそれぞれの値を記入してください
    必要に応じて詳細検査(心電図検査、眼底検査、貧血検査)を実施してください
    採血を実施してください(通常利用している血液分析センターをご利用ください)

医師へのお願い

  • 質問票の投薬の有無と喫煙習慣の有無、及び検査項目の記入、実施モレには十分ご注意ください。
  • 計測値(身長、体重、腹囲、所見番号、判定等は丁寧にご記入くださるようおねがいいたします。